Snapmartとはどんなアプリですか

Snapmart(スナップマート)は、毎日InstagramやTwitterなどSNSに投稿しているようなスナップ写真が簡単に売れるアプリです。
プロが作り込んでも撮れないようなリアルな日常の一コマや、あなたらしいナチュラルな瞬間をとらえた写真など、有名企業・メディアや広告代理店があなたの写真を必要としています。

写真を売るには?

アプリの出品ボタンからカメラロールの写真を選んで簡単に出品することができます。
フリーテーマで出品する「マーケットプレイス」と、テーマに沿った写真を投稿する「企業からのリクエスト(コンテスト)」の二つのモードがあります。

◆ マーケットプレイス

マーケットプレイスは、手持ちの写真をカメラロールからアップロードしていただき、タグ付けをして出品するサービスです。(詳しい投稿方法はこちら)

◆ 企業からのリクエスト

企業からのリクエストは、決められたテーマに沿った写真を投稿し、入賞すると賞金や商品がもらえるサービスです。入賞できなかった場合も、投稿した写真はマーケットプレイスに出品することができます。(詳しい投稿方法はこちら)

売れるといくらもらえるの?

Snapmartで写真が売れたときの報酬は、販売価格 × 報酬率 = あなたの売上額 となります。
報酬率は、登録状況や活動・販売実績(ユーザーランク)で異なります。
一定の条件を満たすとメダルが付与され、メダルの数が増えるとレベルアップします。レベルに応じて報酬率があがりますので受け取れる売上金額が高まります。
メダルをたくさんゲットして、報酬率をアップさせましょう!

写真の販売価格は?

写真の販売価格は、下記のとおりです。

個人が特定できる人物(モデル)が写っている写真は、モデルから「モデルリリース(肖像権使用許諾書)」を取得すると、販売価格が25%アップします。

写真はどこで買えるの?

写真はWebサイト(https://snapmart.jp/)から購入できます。